体調の事、感じた事を綴っています。マイペース更新です。


by cocoro_heart
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ:詩( 6 )

ひろはま かずとし

以下は「ひろはま かずとし」さんの詩です。

いまの自分が一番好き
そういう生き方ができたら いいんだよ


ある本に載っていました。
[PR]
by cocoro_heart | 2009-02-10 20:41 |

言霊

      色々な事が重なって 辛いとき…

a0102058_17193423.jpg
[PR]
by cocoro_heart | 2007-05-19 17:34 |
  《今の支えとなっている言葉です》

 
  過去と、未来と、
その間のすべての執着を絶って
  向こう岸に渡りなさい


家族が出かけると言えば「いいなぁ〜」よだれたらして羨ましく思います。
でも、顔にも言葉にも出しません。
言うとすれば「行かない。行きたくない。」
本当はそんなことないんです。
羨ましくって、羨ましくって、「いいな〜」とだけでも言いたいです。
行きたいです。

以前は「行く?でもそこは無理か〜。かあちゃん行っておいで。
おれは家にいるから」って親のどちらかは家に居ました。
(たいてい父親)
でも、私がいるからそうなっているわけで…
「私は大丈夫だから、行ってきな」と言っても
「心配だから行けない」
「子供じゃないし、何にもできないわけじゃないんだから大丈夫だよ」と言っても
「何かあったら心配だから…」
「何も起こらないって」と言っても…。

そのうち「3人で行けたらな〜」と言うようになりました。
父親の夢は私と並んで歩いて出かけることだそうです。
目に涙を溜めて…言った。。
今までの想いが凝縮されていました。
そこまで想っていたなんて…親の気持ち子知らずでした。
父は特に子煩悩で(私はいい歳なんですけどね)…父が5歳の頃、自分の父親を
無くしたそうで…だから、「幸せな家庭を作るんだ」と決めていたそうです。
でも「幼くして父親を亡くしたから、父親としてどう子供に接していいか
分からない。でも、沢山の愛情は注ぐ。子供に寂しい想いだけはさせない」
と決めていたそうです。
だから、私を一人にしなかった…。
「大丈夫と言っても、居なくなれば寂しくなるんでしょ」と
人の心は分かっていた…。

本当は出掛けたいはず…。

私も自由に羽ばたきたい。

なんとなく感じる…母…ストレスを大分感じている様…。
私は出来る事はしている。
どうしたらいい…?
わからない…。
[PR]
by cocoro_heart | 2007-05-13 22:51 |

ヒトとうまくつきあう術

【小さな小さな社会から見えたコト】


「〜だろう」と思っている時に 変化球がくると
対応に苦しむ事がある

「〜かもしれない」思考を常々していたほうが
「来たぞ!」とすばやく受け入れの準備をする事ができる


心がおだやかでいられる


楽して生きたい
[PR]
by cocoro_heart | 2007-05-11 15:41 |

意地…Poem

あなたは

ケガする前のわたしの身体を‘健康’と言いますが

今でも健康です。

いえ、今のほうがう〜んと健康です
[PR]
by cocoro_heart | 2007-04-26 16:38 |

勇気…Poem

冷たそうに見えた景色に

からだをそっと

出してみた

思ったより暖かかった。

勝手に温度を決めつけていた

もったいなかった。

早く温たかさに気づいていれば…
[PR]
by cocoro_heart | 2007-04-25 15:06 |